たまには紙工作の展覧会を見に行ってみる。

今日は朝から打ち合わせで、
昼時に時間が空いたので展覧会をはしご。

始めにお世話になった先輩の展示を観に行き、その後、
ちょっと気になっていた展覧会を観に行く事に。
行ったのは
"ごとうけい 紙工作展 2007『 ~ ナツの ? 紙工作 ~ 』"
言わずと知れた動物紙工作の大御所、ごとうけい氏の展覧会。

表参道ヒルズの通りに面した会場はとっても大盛況。
若い女性と、夏休みとあって親子、それからおじいちゃんも。
皆、紙とは思えぬ作品を前に感嘆の声を上げていた。
お母さんに紙工作をせがむ子供がなんとも微笑ましい。

商品の展示、販売も行っていたのだが、
目を引くのは何といっても巨大紙工作群。
中でもガラパゴスゾウガメはかなりのツボだった。
独特な甲羅の形状とまさに!と思えるお腹の厚みがお見事。

うちのケヅメでもつくりたいなぁと思い、
ご本人様にどんな紙を使っているか聞いてみたところ、
快く答えていただけた。

内容は企業秘密だといけないのでここでは書かないが、
普通に作ると数万円の大出費になるということが判った。

ま、どのみちあんなにでかいと部屋には置けないやね~。

お子様のいらっしゃる方は是非おすすめの展覧会。
12日までなのでお早めに。

こちらのクーポンに記入して持参するとうれしい特典がもらえるようです。
http://keicraft.air-nifty.com/blog/files/koten2007_info2.pdf

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック